今日はOHANAクラスのミニ運動会。

いつもはOHANA Day(月1回土曜日に行う親子のイベント)で開催しているミニ運動会ですが、今年はコロナウイルス感染予防対策のため、子どもたちだけのミニ運動会として開催しました。

ミニ運動会は

①子どもたちが『できた』を実感し、全身運動を楽しめるようになる

②半年間の積み重ねの中で、子どもたちの成長を親御さんと実感する

というのが目的でした。

その目的を達成するため、今回はビデオとカメラ撮影を加え、子どもたちが伸び伸びと‶いつもの自分〟を出せるよう配慮して行いました。

はじめは『からだ☆ダンダン』からスタート☆

以前に比べて、自信を持って身体を動かせるようになった子どもたちは、とっても楽しそう!!

まずはかけっこから♪

お名前を呼ぶと、みんな元気よく「はい!」と返事をしてくれます☆

『よーい、ピッ!』の合図で一斉に走り出します♪

電車リレーでは、子どもたちが先導してスタッフを引っ張っていってくれて頼もしかったです☆

黄色と赤色のボールを、それぞれ同じ色の輪の中に入れに行く『ボール集め』では、子どもたちが一生懸命近くにあるゴールを拾い集めては、輪の中に集めていきます。

その後は、カゴの中に片づける『片付け競争』☆

お片付け上手な子どもたちは、あっという間にカゴの中にボールを集めて片づけてくれました♪

最後はスタッフとフォークダンス♪

手を繋いでクルクル回ったり、手を叩いてリズムをとったり、音に合わせて体を動かすのが上手になりました☆

フォークダンスの最後は『たかいたかい』をしてもらって満面の笑顔の子どもたち♡

たかしさんから、きらきらメダルをもらって大喜び☆

みんないつも通りに、いつも以上によく頑張りました!!

 

ミニ運動会に向けて、9月中旬から1か月かけて、日々の保育の中で少しずつ子どもたちが積み上げていった種目。

気分や体調によって、上手くできない日、やりたくない日もありました。

でもそれが子どもたちの本来の姿。

『運動会が誰のためのものなのか』

それをしっかり考え、捉えた結果が今年のOHANAミニ運動会。

子どもたちの『やりたい』『楽しい』と思う気持ちを大事にして、あえてやらない日を設けたり、やる種目とやらない種目を分けたり…

試行錯誤の上に開催した今日のOHANAミニ運動会。

何より子どもたちの楽しそうな笑顔が太陽以上にキラキラと輝いていて、眩しかったです♡

 

ご協力くださったカメラマンの高橋亘さん、保護者のみなさま、OHANAパークの親子さん、スタッフのみなさん、本当にありがとうございました。

子どもたちの思い出の一ページに刻まれていますように…