OHANAも早いもので始まってから6年が経ちます。

一番初めに児童保育を利用してくれていたRくんが、この春、小学校を卒業し、中学校へ入学します。

新型コロナウィルス感染症の影響で、大きなイベント、外出は出来ないけれど、ささやかながら本人が希望することを行える外出をしてきました。

 

『木材を使って何か、作りたい』

 

そんなRくんの希望に応えるため、藤野芸術の家へ行ってきました。

木箱やステーショナリーケース、船や時計など、様々な木材キッドがあり、その中から好きなキッドを選んで作っていきます。

カラフルなペンや絵の具、セロハンテープやのり、ボンドなど様々な文具が揃っています。

他にもスパンコールや布、マスキングテープ、小さな木材等もあり、それらを組み合わせてオリジナルな作品を作ることが出来ます。

カーボン紙もおいてあるので、好きなイラストを板に写して描くこともできました。

のこぎりやドライバーなどの工具はもちろん、糸のこ盤も自由に使うことが出来ます。

 

糸のこ盤を初めて使う子もいましたが、使い方を教えるとみんな慎重な面持ちで取り組んでいました。

木材パーツを持ってきて、繋げてオリジナルな船を作っています。

だいぶ形になってきたようです☆

細かい作業が好きな子どもたちは、ボンドを塗るのも真剣☆

アクリル絵の具を使って好きな色に塗るのも楽しそうです♪

子どもたちの丁寧さが光ります☆

こちらは時計作りに夢中になっている女の子たち。

細かい色塗りを根気強く行い、きれいな時計が出来上がっていました☆

こちらは犬を形取った板をペン立てに貼り付けて作るステーショナリーケースを作っています。

みんな夢中になって取り組み、予定していた2時間を超えて作業を続け、出来上がった頃にはお腹ぺこぺこ。。。

小さいけれど、桜の木の下でお花見しながらお弁当タイム♡

自然の中で食べるお弁当は格別でした♡

みんなの作品です☆

世界に一つしかない素敵な作品が出来上がりました。

この作品を見て、龍真くんのことを思い出してくれたら嬉しいです♡