『特別な夏』の中でも子どもたちの『今しかない夏』を大事にしてあげたいOHANAスタッフは、夏休み最終日にミニ夏祭りを計画しました!

夏祭りスタートと同時に、お客さんで大盛況のくじ引きコーナー☆

紐を引っ張るとおもちゃを引き当てられるという嬉しいくじ引き♡

小学生と幼児さんでは違うものがついてくるんです☆

こちらの『おもちゃすくい』と『ヨーヨー釣り』が出来るコーナーも大盛況☆

ねらいを定めて専用の網ですくいます♪

身を乗り出しながら、一生懸命な様子がなんともかわいらしいですね♡

しびれを切らしたCくんは、ワイルドに手で鷲掴み☆

小学生は上手にすくって、お椀の中へポン♪

夢中になって、たくさんすくっていました☆

こちらは子どもたちが大好きな『ガチャガチャコーナー』

中に何が入っているのか気になっちゃいます。。。

こちらは巾着に好きにお描きをしてオリジナル巾着が作れるコーナー☆

予め書いてあるアンパンマンに、スタンピングして色をつけていきます♪

ぽんぽん、ぽんぽんと押す感覚が楽しいんです♡

裏面には自由にお絵かき♪

クレヨンでお絵かきする時間がたくさんあった子どもたちは、絵を描くのも上手です☆

小学生の“お絵かき”は、ワンランク上なものになっていました。

みんなそれぞれ、写し絵にするイラストを持参してきていて、布の下に敷いて丁寧に映していました。

こちらは『うちわ作りコーナー』

パステルという画材を使って、自分の好きな色を少しずつ紙になじませるようにして指で描いていきます。

色の混ざり具合によって雰囲気が変わるので、オリジナリティが高くなります♡

幼児さんたちはスタンピングで色付けしました♪

「見て見てー!」とみんな元気いっぱいに見せにきてくれました♡

鮮やかな色合いで塗った後、特殊なスプレーをかけて、色落ちしないようにした後、上から“夜空の色”を塗っていきます。

裏面は、絵の具を染み込ませて作った染紙を使います。

骨組みの両面に貼り合わせたら完成☆

最後はみんな大好き『サンキャッチャー』

これは小学生限定のワークショップ♡

好きな色のストーンを選んで、テグスに通していきます♪

しっかりと太陽の光を取り込む、サンキャッチャーの出来上がりです☆

みんな素敵な、うちわとサンキャッチャーが出来上がり、満足そうでした!

色んなゲームやワークショップをして満足したところで、今度は昼食タイム♬

今日の給食メニューは『やきそば&ポテトフライ』というお祭りメニュー♡

ちょうど良い木陰の下で、心地よいそよ風に吹かれながらランチタイム♪

お腹が空いていたので、おかわりもして満腹♡

と思っていたら『かき氷屋さん』がOPEN☆

あっという間の大行列(笑)

千春さんが削った氷に、あっこさんがシロップをかけてくれて子どもたちに提供☆

シロップはいちご・ぶどう・メロンの三種類☆

かき氷までおかわりして、大満足な子どもたちでした♡

 

今日で小学生は夏休みが終了。

『特別な夏』の中で、外出したり、楽しい思い出を作ることができたの子の方が少なかったかもしれません。

OHANAでも毎年行っている夏休みの特別な外出がなくなり、子どもたちの夏をどう楽しく過ごしてもらうか試行錯誤してきました。

少しでも、この夏に過ごしたOHANAの仲間、自然、体験が心のに残り、いい思い出として残っていれば幸いです。

 

かけがえのない子ども時代。

その一瞬、一瞬を大切に過ごしてもらうため、今日もOHANAスタッフは試行錯誤、創意工夫を続けます。

 

夏と言えば、海や川ですよね。

この夏は“特別な夏”ということもあり、なかなか遠出は出来ない中でも子どもたちの“今しかない夏”をどう楽しむか、どう思い出に残すか、OHANAのスタッフは奮闘中です☆

 

そこで、今回は中津川へ川遊びに出かけました!

まずはみんなで準備運動☆

手も足も、川の冷たさでつったりしないよに、しっかり伸ばします☆

いざ川へ☆彡

流れが速い川を、手を繋ぎながら対岸まで渡ります♪

小学生は、ここからライフジャケットに身を預けて、ライン下りのスタート☆

テトラポットの奥の対岸沿いは流れが緩やかで、ライン下りにピッタリ!

身体はライフジャケットのお陰で必ず浮くので、子どもたちも気持ちよさそうに流れています♡

ゴールではスタッフが待ち構えていて、それ以上流されることのないようにしていました。

何度もやるうちに、身を預けるのが上手になってきました☆

その頃、幼児さんたちは誰かが作ってくれた自然のプールに入水☆

何度も大島の河原で遊んでいたので、不安定な石の上でも踏ん張りながら移動♪

大きな石を見つけて大事そうに持っています♡

こちらはきれいな石や変わった石を見つけて、喜んでいるNちゃん♡

はじめは遠慮気味だった子どもたちも、川の気持ち良さにすっかり虜になった様子♡

遊び方がダイナミックになってきました!!

バタ足を練習してみたり…

一緒に靴をお洗濯してみたり♪(笑)

春先からの自然の中へのお出かけ(園外保育)を繰り返す中で、子どもたちの足腰が強くなり、バランス感覚を養われ、自然の豊かさの中で穏やかな心まで育ったように感じました。

そんな自然に感謝しつつ、子どもたちの成長を見れる幸せをかみしめるOHANAスタッフでした♡

 

こんな外出が実現できるのも、スタッフの協力があってのこと。

様々な経験や資格、スキルを持ったOHANAスタッフならではの体験・外出活動。

子どもたちの経験値を上げ、自信をつけ、自尊心を高めていってあげられたらと思っています♡

 

8月11日(火)~8月14日(金)夏季休暇となります。

OHANAパークについては8月17日(月)9:00~通常通りオープンします。

暑い日が続きますので、お身体にお気をつけいただき、よい夏休みをお過ごしください。

梅雨が長かった今年、子どもたちは室内、園庭で様々な感触遊びをして過ごしました。

粘土遊び、フィンガーペインティング、泥遊び、水遊び…

五感を使って遊べる感触遊びは幼児期の子どもたちの脳を活性化するためには、とてもいい遊びの1つです。

まず色の絵本を見て、子どもたちの興味を誘います♪

絵の具を見せて、何色か当てっこすると、最近色をよく覚えるようになったので、よく答えることができました!

好きな色を選んでもらい、紙粘土に絵の具をたらしていきます。

手でもみもみ、絵具をもみこんでいきます。

もみもみ…

子どもたちもどうなるのか見つめています。

もみもみ、もみもみ…

ほら!

こんな風に黄色に染まってきました!

子どもたちも挑戦☆

粘土と同じくらいの柔らかさなので、子どもたちも上手に体重をかけたりしながら、もみもみ、こねこねしていきます♪

粘土遊びでも、ちぎるのが好きだったRちゃん。

紙粘土も小さくちぎって遊んでいます(笑)

絵の具が混ざってきたら、丸く潰して手形をつけていきます♪

手についた絵の具を手に伸ばしているKちゃん(笑)

キレイな色になりました!

次に、ビーズを紙粘土に埋め込んでいきます♪

指先を使った遊びが大好きなTくん。上手にビーズを摘まんでデコレーションしていきます☆

最後にもう一度しっかり手形をつけたら、完成☆

出来上がった作品を紐に通して飾ってみました!

「ぼくのはコレ!」と見せ合いっこ!

手形もしっかりはまります♡

 

少し大きくなった時に、手のひらを充ててみると手の成長も見れるかもしれませんね♡

たくさん感触あそびをしてきたからこそ出来上がった作品。

感触遊びの集大成とも言える作品になりました☆

 

次は、どんな作品を作ってみようかな♪

『新型コロナウィルス感染症とどう付き合っていくか』

これが私たちが一番考えなくてはいけない問題だと思っています。

子どもたちから“楽しみ”を奪うだけの生活ではいけないとも考えていて、毎年計画している夏休みの楽しみなイベントが全て中止になる中、

OHANAでは細心の注意を払いながら『プチデイキャンプ』を企画し、出かけてきました。

まずは場所取り。

他の人たちがあまり出入りしないスポットがあり、しかも日陰。

コロナ感染予防+熱中症予防対策の一石二鳥です☆

キャンプ場で過ごす上での約束を伝えます。

 

①水遊び中とご飯を食べる時以外はマスクをつけること

②おしゃべりをする時はマスクをつけること

③トイレに行った時、ご飯を食べる前、汚いものに触れた時は必ず手洗い、消毒を行うこと

 

まずは昼食作りから♪

栄養士の千春さんが同行してくれたので、給食メニューを発表し、作り方を教えてもらいます♪

普段、調理室で使用している酸性水という食材の消毒をする水を持ってきて、食材を消毒します。

包丁の使い方を教わり、野菜の切り方を教わり、自分たちで切っていきます。

手作りおやつの時とは違った緊張感の中で上手に、切っていました☆さすが!

千春さんに教わりながら、左手の野菜を抑える手は“猫の手”になっていますね☆

残りの食材は町子さんと千春さんが切ってくれて、調理を進めてくれました!

こちらはサラダに使う食材をゆでています♪

料理を作っている間、スイカを小川に冷やします☆

冷やす場所を探してくれたのは、最年長のRくん!食べるのが楽しみです♡

気づくと子どもたちは水遊びの準備万端!

いざ川へ!

あいにく、道志川は上流のダムが放流していて、入水することが出来なかったので、べつの川で遊びました♪

川の端っこでピョンピョンと跳ねるモノを発見☆

カエルです☆

カエルのために石を見つけてくれる子もいました♪みんな生物想いのOHANAっ子です♡

滝に打たれてみるRくん。

それを見て挑戦するガールズ☆

でも冷たくてみんな逃げだします(笑)

でもさすがOHANAっこ。

根性試しのように、次々の滝行に励みに行きます!

でもやっぱり...「冷たい!!」と言ってすぐに出てきます(笑)

でも最後にみんなで並んで滝行☆

冷たいけど、楽し~♡

ここから先は、堰になっていて危険。

大きな岩が目印です。

どんどん遊び方がダイナミックになっていく子どもたちは、冷たい川水にお腹をつけてみたり…

お尻をつけて座ってみたり…

さらに上を目指して川の脇から上へ登ってみたり☆

道志川では遊べなかったけど、存分に川遊びを楽しめたようです♡

少し冷えた身体を温めるように、子どもたちは草原の方で遊び始めます♪

見えますか?岩の間にキレイなトカゲがいるんです☆

何で捕まえようか、考えながら追いかけ、逃げられ、また見つけては逃げられを繰り返していましたが、それがまた楽しい様子(笑)

こんな風に遊びまわっている周辺にはOHANAの関係者以外はいなかったので、感染症対策としても有難い環境でした。

そんなこんなで遊びまわっているうちに、本日の昼食のジャージャー麺と海藻サラダが出来上がり☆

みんなで「いただきまーす!」

もうお腹ペコペコだったようで、黙々と食べていました。

あ、この時はみんなマスクを外していたので、おしゃべりできなかったのもありますが…

差し入れのトウモロコシも、キャンプ気分を上げてくれる一品に☆

さらに川で冷やしてあったスイカを食べて、子どもたちはお腹も心も満腹♡

満たされたようです♡

みんなで片付けをして、今日のデイキャンプは終了。

まだキャンプ場にいたい気持ちと、ちょっぴりお疲れの表情と、いろいろな想いを胸に、OHANAに帰ってきました。

 

学校の長期休校から始まり、色々と制限のある中で生活しなくてはならない子どもたち。

大人の責任の中で、少しでも子どもたちの『今を楽しむ』工夫をしてあげたいものです。

子どもたちの『今』は今しかないんです。

当たり前のことですが、10歳の8月6日は今日しかないんです。

それを想うと、一日一日を子どもたちのために大切に過ごしてあげたいと思うのです。

 

どうかwithコロナ時代でも子どもたちの、子ども時代が失われることがありませんように…

 

そう願ってOHANAのスタッフは今日も奮闘しています☆★

例年、お天気があまりよくない七夕ですが、今年の七夕はどんな風に過ごされましたか?

OHANAの子たちは、短冊に願い事を書いて、笹の葉に七夕飾りと一緒に飾りつけしました♬

お母さんの都合がついた子は、お母さんと一緒に作ります♬

小学生は自分で好みの色紙を選び、飾りを作りました。

作ってみたいものを決めると、スタッフに作り方を教わり…

自分で作ってみます。

OHANAの子たちは制作が大好き♡

日頃からハサミやノリを使って制作しているので道具の扱いには慣れています☆

かわいいタコさんの完成です☆

こちらは高学年のお兄さん、お姉さん。

願い事を書くのに、かなりの時間を要しています(笑)

色合いも、それぞれの好みが出て、良い感じです♡

大きな笹の葉に飾り付けて、出来上がり!

お星さま、願いを叶えてくれるかな…

七夕当日は、七夕メニュー☆

緑色の素麺がまるで天の川のようで、星の形に模られた卵焼きやチーズ、人参がとっても可愛らしいです♡

子どもたちも嬉しそうに、お星さまを見せてくれます☆

チーズのお星さまがお気に入りだそうです♡

僕は大きな卵のお星さま♡

みんなの願い、きっとお星さままで届いたよ…☆★☆彡

お星さま、どうか子どもたちの願いを叶えてあげてください。。。☆彡

 

上大島キャンプ場のすぐ横にある相模川の河原。

昨年の台風以来、川の流れが変わり、土手のすぐ下には大人の腰ほどの深さまで川の水が流れてきているところもあります。

大きな石がごろごろと転がっている河原を小さな身体全身で歩く子どもたち。

ふらふらすることもあるけれど、だいぶ体幹がしっかりしてきたと成長を感じます。

少し奥の方へ進むと、細かい石と大きな石が混ざり合った河原がありました。

石の影に小さなクモを発見☆

おや?また何か見つけたぞ!

スタッフの手の先にいたのは...

小さなカエルさん♡

おたまじゃくしからカエルになったばかりのようです。

男の子は特に、石を川に投げ入れて遊ぶのが大好き♡

川の水を触ってみると、意外とちょっぴり温かい♡

サンダルに履き替えて入ってみることに♪

始めは慎重だった子どもたちですが…

どんどんダイナミックに(笑)

もうお尻が川に入っていたって気にしません(笑)

少し水の深いところに、石を投げ入れると『ジャッポン!』と大きな音を立てて石が入水するのが楽しくって何度も何度もやっていました☆

ほどよい水温と、キラキラ太陽のおかげで子どもたちは時間を忘れて川遊びに夢中に♡

石の上に立つのだって上手になりました!

ずっと触っていたくなっちゃうほど気持ちのいい川の水♡

でも日向の草原もそよ風が吹いてとても気持ち良かったです♡

 

雄大な自然の中で遊ぶと、子どもたちの心は大きく成長し、考える力と発想力が養われていくと感じます。

また、塗装、整備された街中では体験することのできない、大きな石や段差、デコボコ道、草原、自然が作り出す地面全てが子どもたちの身体能力を発達させることを知りました。

これは自然の中で遊ばないわけにはいかないですね♡

上大島にある相模川自然の村公園には人口の川が流れています。

川を見つけるために、OHANA探検隊出動☆!!

道端にはなが~い草が生えていて『おっきいよ!』『こっちの方が大きいよ!』と子どもたちは草の背比べ♬

木道を発見☆

周りの草木が子どもたちはもちろん、スタッフの背の高さよりも高く、まるで草木のトンネルを通っているようでわくわくします♪

今度は木の階段を発見☆

みんなで登っていってみることに。

上まで登ると、更に上に続く階段が!!

どこまでも続く階段。

それでも『上まで行ってみたい!』と子どもたちは頑張って登ります!

てっぺんまで登ると、山と川が広がる景色が一望できました!

でも見えたのは自然の川…

もう一度下って、人口の小川を探しに出発!!

すると見つけました!人工の小川☆

木陰に流れていることもあって、お水がキンキンに冷たい☆

川上に向かって歩いてみることに♪

小川のお散歩です♬

葉っぱを流してみたり、パチャパチャと水しぶきを上げてみたり、すっかり小川のとりこに♡

時間も忘れて、たっぷり遊んで帰ってきました。

また小川でいっぱい遊ぼうね♪

 

7月以降のOHANAパーク利用について、通常通りの運営を再開しようと考えていたのですが、

最近の東京都や横浜市の感染者数急増のニュースを見ていて、三密を避ける感染予防対策を今後もしばらく継続した方がいいと判断しました。

よって引き続き、現在パス会員さんの親子さんのみの利用とさせて頂きます。

新規会員をご検討の方、キッズパス会員の方、新型コロナウィルス感染症の感染拡大が落ち着くまで、もうしばらくお待ちください。

ご利用いただけるようになりましたら、またホームページにてお知らせいたします。

梅雨の中休みで、月曜日からいいお天気が続いていますね☀

今日は先週に続き、相模川自然の村公園へ行ってきたのですが、今日は先週遊んだ場所よりももうちょっと奥へ進み『涼』を求めて探検してきました!

何でも遊びに変えてしまう子どもたちは、砂利を見つけると「パラパラパラ~」と上からまいて、まるで雪の様子を表現しているよう(笑)

奥に古民家が見えたので、行ってみることに☆

入ったことも、見たこともない家に恐る恐る近づく子どもたち。

敷居も大きく、子どもたちは一生懸命足を上げてまたぎます。

中に入ってみると「涼しぃ~♡」

外はこんなに晴れて、だんだんと気温が上がってきているのに、中はヒンヤリ涼しかったんです♡

昔のかまどを見つけ「ここでご飯を作っていたんだよ~」とスタッフが言うと釜の中を覗いて興味津々の子どもたち。

ちょっと上に上がらせてもらうことにしました。

スタッフが靴を並べて上がると、子どもたちも真似て靴を脱いでは揃えます☆

〝見習う〟という習慣がバッチリできていますね☆

ちゃんと「おじゃましまーす」と言って上がった子どもたち。

こんな習慣も実際に大人が言っているのを真似て学んでいくんですよね!

10畳二間繋がった部屋に大はしゃぎの子どもたち。

こんな広い部屋はなかなかないですよね!

あちこち探検してみることに☆

どこまで続いているのかな?

あ!こっちの部屋に繋がっていた!

縁側に座ってのんびりすることに♪

すると、山からの気持ちのいい風が吹き込んできて気持ちぃ~♡

古民家を堪能したところで、次なる『涼』を求めて探検することに♪

大きな階段をしっかりとして足取りで登っていく子どもたち。

着実に脚力がついてきています☆

途中、足元にたんぽぽやダンゴムシを見つけると立ち止まり、じっと観察。。。

その先には、草木が生い茂り、程よい日陰を作ってくれている散歩道を発見☆

今日はカラッとした天気だったので、日陰はそよ風が吹いて涼しいんです♡

またまた階段があり、子どもたちは元気に登ります♪

こんな高さの階段。

でも子どもたちは登り切りました!!

階段で登った山を降りてくると、大きな木が木陰を作ってくれていました。

その先に小川を発見☆

素足はちょっぴり危ないので、靴下を履いたままでお水に入ってみました♪

「つめた~い♡」と気持ちよさそうです♪

この小川は人工的に作られた川なので、川底には丸い石が敷き詰められていて、痛さはないのですが少々不安定。

それでも普段から自然が作り出した不安定な道を歩いたり、走ったりしてきた子どもたちは足の指を使いながら上手に歩いていました。

バリアフリーが進む現代社会ですが、子どもたちにとっては発達の機会を奪ってしまうことになる場合もあります。

時にはこうした足元が不安定な場所を歩いてみることで、足裏の握力、大腿を上げる脚力、身体のバランスを取る体幹を鍛えることができます。

散歩道をたっぷり歩いた後なので、足から涼しくなった気持ちよさそうな子どもたちは川上に向かってどんどん歩いて行きます。

まだまだ遊んでいたい気持ちをお土産に、「また来ようね」とみんなで話しながら帰ってきました。

 

今日はたくさんの『涼』を見つけつつ、子どもたちの成長ぶりを見ることが出来、とっても幸せな時間になりました♡

何よりも子どもたちの表情が生き生きしていたことが、嬉しかった、OHANAスタッフでした♡